Student painting in a studio

JLPT受験コース

_JLPTとは日本語能力試験(The Japanese-Language Proficiency Test)の略称であり、日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験です。(レベルはN1~N5)初級段階から「みんなの日本語」を使った学習と並行しJLPT(N5からN1)に向けての対策を行います。指導経験豊富な教師による自作問題を使用し、実践に備えます。単に教材を基に実施する一般的な授業とは違い、一人一人の学習状況を見、各自のレベルに応じ、指導します。学生は自身のレベルに合った試験レベルを目指し、能力を最大限に引き出し学習することができます。

カリキュラム

カリキュラム レベル コースの概要 目標に達する
1年6ヶ月 2年 初級
基本的な文型や、日常会話の練習をする。
既習文法や語彙を使い、短い文章を作成する。
簡単な会話と日本文化などをテーマにした読解と聴解の練習をする。
自分の考えや希望を述べるなど日常的なコミュニケーションを図ることができる。
初中級
初級文法の復習、中級へ向けての読解・聴解・文法の練習をする。
既習文法や語彙を使い、具体的な意見を述べる口頭及び記述練習をする。
日本人らしい自然な会話を理解し、簡単な敬語を使ってコミュニケーションを図ることができる。
中級
日本の文化、地理、産業をテーマにした読解、聴解、及び会話を中心に練習する。
既習文法と語彙の運用、実際に活用する。
志望理由書の書き方と面接の練習をする。
会話の要点を捉え、また、外で目にする宣伝広告の内容や予定表の内容を正確に理解することができる。
上級
新聞記事内容の理解、高度な抽象的文章表現を練習する。
既習文法と語彙を使い、正しい漢字を使用した論理的な文章を書く練習をする。
日本人が話す自然な会話を聞き取り、会話の要点を捉えることができる。また、効果的に語彙を使用し説得力のある文章を書いたり、自分の意見を明確に述べることができる。

授業時間割

多くの日本語学校では、教育機関が設けた【一コマ45分】の授業を行っています。 サンシャインランゲージスクールは≪塵も積もれば山となる≫をモットーに、一般的な授業時間数よりも5分多い【一コマ50分】の授業を行っています。これは、一か月を21日とし、換算すると授業時間が7時間多くなることになります。この学習時間数の差が、学業進歩への鍵となり数段早い夢の実現へと繋がります。